読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケダルイ土曜の午後3時

午前中、本年度初の散髪を決意。
自分のようなオヤジは、それでなくても薄
汚いから頻繁に散髪したり髭を剃ったりし
ないとね。フフッ

思い立ったら吉日、早速電動バリカンを充
電し、床に新聞紙を敷いたり100均で買った
散髪用ケープ(確かそんな名前だっような)
を探しているとフッと思いついたの。
前回の断髪式は、途中来客があってアタフ
タしたのね。そこで"転ばぬ先の杖"ではな
いけど、先手を打つことにしたのだわ。

f:id:taffe0315:20170225222209j:plain

これを玄関のドアに張り付けたらよほどの
人でない限りチャイムを鳴らさないハズ。
自分の賢さにウットリしながらタバコを吸
っておりますと、何故か作戦に反していき
なり「ピンポーン!!」なのよ。

玄関ドアを開けると、お世辞にも美しいと
言い難いオババが2名。自分の顔を見るな
り「幸せになるヒントをお届けしておりま
す。あなたは今幸せですか?何か悩んでい
ることはありませんか?」矢継ぎ早にそう
話すと自信満々のドヤ顔をしてるのよ。
「悩みの類は…まぁ、その特にありません
が、いや一つありますね…」そう答えた自
分に対して偉そうな態度のオババは「そう
でしょ、そうでしょ」と言ってウンウン頷
くのよ、見事に二人シンクロしながら。
続けて「私達にその悩みを言ってください。
きっとお役に立つと思います」
「では、遠慮なく言いますが、ドアの張り
紙に書いた通り、散髪を邪魔されるのが唯
一の悩みと言いますか…」しかし、顔色ひ
とつ変えずオババ達は「それはそれは…
では、大変役に立つ我々の会(?)の会報を
差し上げますので、お暇なときでもご覧く
ださいませ」なんてことを言って帰ったの
よ。

・・・・・・・・・・
今年も愛と憎しみと悶えまくりの季節がや
ってまいりました。
本日よりプロ野球オープン戦がスタート。
プロスポーツのファン、例えば野球に限ら
ずサッカーなんかさ、ロクにルールも知ら
ないニワカ連中がただ勝敗だけを重視して
ワイワイ騒いでる輩が多いのね。
断わっておくけど、そんなのと一緒にしな
いでね。

f:id:taffe0315:20170225222233j:plain

テレビ観戦しながら約3時間、こうしてス
コアをつけながら選手の一挙手一投足を観
察しております。調子の上向きな選手やそ
の逆の選手、開幕まで一ヶ月の間どう戦う
べきかをじっくり考えております。
自分の将来も真剣に考えないくせに、我が
タイガースだけは別よ。
・・・・・・・・・・
[本日の一冊]

f:id:taffe0315:20170225222305j:plain

『沈黙』遠藤周作 新潮文庫
この人の場合、作品の大半が医療関係の話
か宗教(キリスト教)なのだわ。
何かを信じる心は素晴らしいことだと思う
けどなんかなぁ…全く関係ない話だけど、
付き合っている女性が「あなたと別れるこ
とになったら、私、もう恋なんかしない…
いや出来ないわ」なんておっしゃる女性が
いますよね。でも現実はそんな女性に限っ
て舌の根も乾かぬうちに他の男と怪しい関
係になっているのよ、それも速攻で。
何事に対しても信じる心は大切なんだろう
けどさ…なんか余計なことを考えてしまう
のだよなぁ…
また話が横道逸造ね。横道ついでに申しま
すと彼の作品では『おバカさん』がおスス
メ。何度読んでもシビレてしまいます。

 

言い忘れましたが、本日の我がタイガース
は16安打の猛攻で11得点の完勝。
気分良くゆっくり寝れそうです。