読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自炊スランプ

タイトル通り最近"自炊スランプ"なのだわ。
料理するのが面倒なんてことではないのよ。

外食や弁当なんか食べてると、気持ちが
ササクレダツというか、精神衛生上良くな
いことを実感して極力自炊するようにはし
ているの。

自炊を始めた頃は、スーパーでとんカツ用
お肉が特売だったりすると、割りと悩まず
それに従ったのね。
しかし、少数の揚げ物をしたところで油の
処理に困ってしまうのだわ。
貧乏くさい話をするようでなんだけど、一
度使った油を捨ててしまうのはもったいな
いのよ。で、それを使うためにかき揚げや
ザンギを作るという…冷酷無情の「揚げ物
祭り」の一週間なんてことになるの。

冷静に考えてみると「ワシ、何がなんでも
豚カツが食いたい。誰に何を言われようが
豚カツなのだ、カツなのだ」と思ってもよ、
キャベツの千切りさえあれば、弁当屋から
豚カツ一枚を買ってきた方が安上がりだも
の。それに気付いてからは少し穏やかな気
持ちはなったんだけどね。

結局、野菜を多く摂取するために深く考え
ることもせず鍋料理ばかりする自分。
されど今のような寒い季節ならともかく、
脇汗じっとりの季節になれば、その作戦も
通用しなくなってしまうのだよ。

奥さんが旦那に「今日、何が食べたい?」と
質問するパターンがあるけれど、それって
献立悩みの回避ではなくて、単純に純粋に
リクエストされたものを作ろうとする決心
みたいなものがあると思うの。
豚カツを揚げるのは面倒だけど、食べたい
のなら仕方ないわね…みたいな。

いっそのこと学校給食のように献立表を作
り、問答無用でそれに挑戦するのもありな
のかなぁ…

世の奥様方はそんな悩みを抱えながら日々
グネグネと悶えているのだなぁ~とひと事
のように同情してしまう自分なのね。

・・・・・・・・・・
[今日の一冊]

f:id:taffe0315:20170218120617j:plain

f:id:taffe0315:20170218120629j:plain

『365日しっかり朝ごはん』浜内千波
             日本文芸社
料理本を集めるのが趣味のようになってい
て、特に千波先生のものがお気に入り。
朝飯をしっかりと食べるというのは大切
なことなのだわ。
手の込んだものは必要ないけど、最低
ご飯と味噌汁、それに焼いた鮭でもあれ
ば満足ね。
三日坊主の自分でも、これだけは続けて
実践出来ています。結果、穏やかな気持ち
になれているのかなぁ…と思っているの。

 

広告を非表示にする