読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イカレたマセガキ

TSUTAYAの書籍売り場の椅子に座り、写真
集を見てましたら隣に高校生のカップルが
来たの。
全部で5つある椅子は自分が座っている以
外誰もいないので4つ空いてるということ。
それなのに何故自分の隣に来るのよ。
高校生のくせに田舎のホストみたいな男
(彼氏)が大股開きで偉そうに椅子に座ると
なんの冗談なのか彼女がその男の太ももに
ちょこんと座ったのだわ。
それを見て一瞬ギョッとしたわよ。
見ていた写真集より何倍も興味深いから
チラチラ男女を観察してました。

「一日中眠くてさ、とにかくタリーのよ」
そんなことを言いながら男は彼女の髪の毛
を撫でるでもなくネットリと触っているの。
彼女は彼女で男にされるがままで終いには
男の肩に頭を乗せてウットリしてるのだわ。

一刻も早くその場から立ち去ることも考え
たのだけれど、何故かそうすることによっ
て負けるような気がしたの。別に勝ち負け
の問題ではないのだけれどね。
5分以上、男は彼女の髪を触っていたのでは
ないだろうか。彼女はほぼ無言。
そうこうしてる間に、なんか急にバカバカ
しくなって席を立ってしまったんだけどさ、
男の愛撫は続いていたのだろうなぁ…

「もし自分の娘が高校生になってそんなこ
とをしてたら…」をダラダラ書こうと思っ
たけど、疲れてその気がなくなってしまっ
たわ。文句を言ったところで「だから年寄
りは嫌よねぇ~」と返り討ちにされるだろ
うし。
まっ、なんて言うんでしょうかね、
レレレのレ…ですな。

・・・・・・・・・・

[今日の一枚]

f:id:taffe0315:20170215224232j:plain

『ラヴァリー』カサンドラ・ウィルソン
前にやっていたブログでは音源も入れてい
たのですが、ここでは無理なのだわ。
YouTubeの動画でも貼り付けようかと
作戦を考えています。

 

広告を非表示にする