読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我、再び"おっぱい"について考える

"おっぱいシリーズ"第2弾。
今後の予定としましては
『更におっぱいを考える』
『何故かおっぱいを考える』からの
『やっぱりおっぱいを考える』と続き
『おっぱいの独り言』が最後となります。
なんか『ねずみくんのチョッキ』みたいね。
自分で言うのもなんですが、ワタクシの
センスの良いところは、間違っても
『おっぱい以外を考えた』がないこと。
『されどおしりも考える』はあるかも。

前置きが長くなりました。

なにげに2chのトビを眺めてましたら
内容は忘れてしまったけど、こんな写真を
発見したのよ。

f:id:taffe0315:20170210232957j:plain

10代、いや20代前半の頃の綾瀬はるかさん
だろうなぁ…
参ったなぁ…
映画やテレビの彼女しか見たことないから
実はこんなことになっていたなんて知らな
かったのだわ。
そういえば昔『おっぱいバレー』という作
品があったわね。これなら納得よ。
もし自分がバレー部の生徒だとしたら、全
国大会出場でおっぱいが見れる…まず間違
いなく一日15時間は練習するわね。
更に全国大会優勝でおっぱいに触れるとな
るなら間違いなく23時間は練習するもの。

断っておくけどデカイおっぱいが好きとい
うことではないのよ。理想の大きさは最愛
の女性みゆきさん。
昔、彼女に下着をプレゼントしたことがあ
って、サイズが分からないから直接彼女に
訊いたの。すると「Bカップよ」となぜか
モゾモゾ自信なさげに小さな声で答えたの。
実際それを着用した姿を見ると、なんとい
うかなぁ…気持ち綿みたいな詰め物をする
べきかもなんて思っちゃった。
そんなことを言えば誤解されちゃうけど、
お世辞抜きの"美乳"というやつなのだよ。

彼女のおっぱいで生涯忘れられないのは、
愛娘が生まれた直後のこと。
出産した病院の方針が、なにがなんでも子
供は母乳で育てることなんだわ。
おっぱいの大きさとか関係なく、元々乳が
出ない体質のみゆきさんなのだけれど、親
の仇みたいに毎日ギュウギュウ搾られて、
終いには化膿して高熱が続いたの。
冗談じゃないよって話ね。結局、退院後も
体調が回復せず再入院。今だから言えるこ
とだけど、そのときはこんなことになるな
ら子供なんかいらなかった…と思ったわ。
真面目にそう思うほど彼女の苦しみは半端
なかったのだわ。
ある程度産む苦しさは分かっているつもり
だったけど、ここまでは想像できなかった
し。
たまにその病院の前を通ることがあるのだ
けれど、当時のことを思い出して胸が苦し
くなります。

 

日本酒を燗するとき"ぬる燗"ってあるじゃ
ない。それが丁度良いのよ。
AVのようになんの心構えもない前からドン
とおっぱいを出されても味がないのよ。
水着や…欲を言えば下着程度が一番ね。

NHKでやってる『精霊の守り人』だったっけ
か…今からでも遅くないから観ようかな。


それにしても参った参った。
ハァ~参った参った。