読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の映画鑑賞~『獄門島('77)』

丑三つ時に観る映画が『獄門島』というの
もどうかと思うけど。

横溝正史原作で昭和23年に発表された作品。
金田一耕助の事件簿としては『本陣殺人事
件』に次ぐ2度目の事件…だったはず。
最初に映画化されたのは昭和49年の『獄門
島・解明篇』監督が松田定次、主役の金田
一は片岡千恵蔵…だったはず。
つうか、ここからちゃんと調べて書くわね。
今のところは間違ってないみたい。

片岡の金田一シリーズは原作とかけ離れて
いて、推理小説の映画化というより大藪晴
彦のハードボイルドみたいな作品なのね。

今回ご紹介するのは角川映画の金田一シリ
ーズの第3弾(『犬神家』『手毬唄』の次)

また話が脱線するけど、当時の原作本の表
紙は杉本一文氏のイラストを使ったもので、
これがまた素晴らしいのだわ。古本屋を探
せば比較的簡単に見つけられます。

f:id:taffe0315:20170206041918j:plain

さて、本題の作品ですが。

f:id:taffe0315:20170206041948j:plain

原作とは全く異なる内容になってます。
理由は簡単で、もし原作通りのお話にする
と尺(時間)が短かすぎるの。
そこで考えたのが本筋とは別の犯人を作っ
て、映画を公開する前に「誰が真犯人でし
ょうクイズ」なんてことをやった記憶があ
ります。ちらりとも映画を観てないのに、
誰が犯人でしょうも強引だと思うけど、
当時は誰もそんなことを考えてなかったし、
まぁ~良く言ったらのんびりした時代、
悪く言ったら適当だったのね。

殺される人は原作通り。

f:id:taffe0315:20170206042056j:plain

f:id:taffe0315:20170206042107j:plain

f:id:taffe0315:20170206042118j:plain

一之瀬康子、中村七枝子、そして浅野ゆう
子の亀頭三姉妹。全員気持ちよく白目で死
んでおります。

正直申せば、この作品は何度も観てまして
今更どうのではないのね。
目的はただひとつ、大原麗子だけだったり
します。

f:id:taffe0315:20170206042150j:plain

文句なしの美しさね。このとき彼女は何歳
だったのかなぁ…
原作では金田一が"ほの字"になって、彼女
に島を出て東京に行くことを勧めるのね。
つまり、自分と一緒に行ってくれないか…
みたいな。映画でもそんな設定は残してほ
しかったのですが、残念ながらそんなシー
ンは一切ありません。

市川作品の金田一シリーズでは、忘れてな
らない女性がこの方。

f:id:taffe0315:20170206042214j:plain

娘もかぁーちゃんのDNAを少しだけでも継
いでいればなぁ~と思ってしまうのだよ。

f:id:taffe0315:20170206042236j:plain

これは自分の偏見かも知れないけど
"寅さん"は渥美清以外には考えられないで
すよね。それと同じで金田一は石坂浩二
上の適役は他にいないと思うの。
『金田一耕介の冒険』という作品で、古谷
一行がパロディーをやり、その印象が強い
のに後にテレビシリーズをやるその強引さ
が理解出来ないのだわ。
失楽園』だったっけか。
全裸でおねーちゃんと一緒に浜辺を歩いて
いるのが彼の持ち味だと思うのだよなぁ。
よってテレビシリーズは全く興味がありま
せん。

以上ですが、映画を知らない人がこんな記
事を見てもサッパリ内容が分からないわね。
やってる本人もスクリーンショットを載せ
る練習みたいな気持ちでUPしているので、
深く考えてなかったりします。


さて、バカ話はこれくらいにして朝飯の準備
をしなくちゃ。
次回はもう少し真面目にやる予定です。